焼きあご天然だしパック - 創業百年以上の老舗の商品のみを厳選して販売

~ものづくりNipponの“本物”を世に伝える~百年謹製オンラインストアー
ご利用ガイド お問い合わせ
WEB会員 マイページ Amazonアカウントで簡単登録できます。  新規会員登録
ご注文内容のご確認 カートの中身を確認する
初めての方へ かんたん!ご利用ガイド 百年謹製 全商品 100年の老舗の物語を綴る...百年謹製公式オフィシャルサイト お客様の声 特定商取引法に基づく表記 Amazon payが使えるようになりました!お客様のアマゾンアカウントで簡単・安心決済!その他各種カードも使えます!

商品詳細

焼きあご天然だしパック商品写真

焼きあご天然だしパック

かね七株式会社(富山県:明治17年創業)

原材料は"トビウオ(あご)"。以上です。


今年で創業133年を迎えた富山県の”だし”の老舗、かね七がお届けする人気の”だしパック”商品です。原材料は”トビウオ”のみ。他に原材料は一切入っていません。

九州地方では、トビウオは「顎(あご)が落ちるほど美味しい」ということから、トビウオを「あご」と呼ぶようになりました。焼きあごとは、トビウオを一度焼いて乾燥させたものを言います。中でも、長崎県平戸でとれるトビウオから生まれる「焼きあご」は、最高級品と言われています。「焼きあご」から生まれる"だし"は、上品で高級感のある独特の旨味をもちます。

通常「焼きあご」は、トビウオを焼いて、そこから乾燥させます。
しかし、その製法だと、表面が焼けただけで中の油分は残ったままになり、乾燥させても油が飛ばずにそのまま残ります。このトビウオの油分は、独特の香りやクセを持ちます。「焼きあご」を食べ慣れている人にとっては、実は、それが最もおいしい食べ方なのですが、一方で、食べ慣れていない人にとっては、その独特の香りやクセが気になることも少なくない素材です。そのクセの強さゆえ、他の素材と合わせて使うと、他の素材の良さを消してしまうことも少なくありません。

かね七は、より多くの方に「あご」のシンプルな美味しさを知って欲しいと考え、この「あご」の課題に挑みます。

そして、辿り着いたのが、まず、トビウオを焼いていない「煮干し」の状態で仕入れ(焼いてしまったものは再加熱しても表面から熱が伝わりにくい)、その「煮干し」を独自の遠赤焙焼製法でじっくり時間をかけて焼き上げることで、クセのもとになる油分を飛ばし、あの「独特のクセ」を減らした「焼きあご」に仕上げるというものでした。

この独自の製法により、かな七が作り出す「焼きあご」は、美味しさと香りを損なわずに、(余分な油分を飛ばしているため)「にごり」の少ない澄んだ”だし”を生み出します。

発売以来、大変好評を頂き、雑誌やメディアでも取り上げられる人気商品です。

1世紀にわたる”だし”の老舗の経験と技術で生み出された新しい「焼きあご」の魅力をぜひご賞味ください。

原材料は、「トビウオ」のみです。

商品名:焼きあご天然だしパック
         5g*10パック

価格:432円(本体 400円)

商品コード:HKN002


数量 
Amazonアカウントでも買えるようになりました!

この商品を買った人は、こんな商品も買ってます。

百年謹製 和風旨だし
8g*15パック
1,080円(本体 1,000円)

おもてなしの味
(昆布・鰹・焼きあご)8g×30袋
1,944円(本体 1,800円)

ほたるいか いしる干し
30g
540円(本体 500円)

遠赤焙焼 かつお厚削り
100g
430円(税抜)